Return to site

劇団ビーチロック出張公演!!!

皆さん、こんばんは!!劇団ビーチロックのヒデキです!
今日は、皆さんに伝えたいことが多いので、最近書いてる長い自己紹介は省きます!!笑
その伝えたい内容とは、、!!?
そう!劇団ビーチロックの出張公演の話です!特にひねりもなく、そのままですみません!
ただ今日は、そのことに関して書きたいんです!!!!
書きたい度合いはこんな感じですね↓
伝わりました???
うん、誰がどう見ても、かなり書きたそうですね!笑
そして、この写真も出張公演の写真なのですが。
まず今回の出張公演の会場ですが、あぱらぎ 宜野湾店でやらせて頂きました。
店内は、かなり広く、テーブル席、座敷、個室、そして琉球家屋まで入っちゃってます!!
大人数から家族、カップルまで幅広く楽しめそうなお店です。
その琉球家屋をステージとして、今後お笑いや、LIVE、お芝居などなど様々な催しを
行なっていく予定になっているそうです。皆さん要チェックです!
今回はその先駆けの第一弾として、劇団ビーチロックが短編をやらせて頂いた訳でございます!
公演が終わるまでは、僕の中で、演劇と居酒屋って合うのかな??皆さん、楽しんでもらえるのかな??など、未知の世界への不安が大きかったです。
しかし、実際にやってみると、、、
めちゃめちゃ楽しいではないですかーーーーー!!笑
お客さんも飲みながら、食べながら、楽しそうに見て頂き、僕らも初めての居酒屋公演ながら、
伸び伸びと楽しく演技することが出来ました!
今後劇団ビーチロックも再度出演する予定ですので、是非観に来ていただきたいですね!
新しい劇団ビーチロックの形が見れると思います。
当日は、短編を二本と、劇団ビーチロックの紹介、次回本公演の告知など盛り沢山でとても
有意義な時間となりました。
公演後見ていただいたお客様にあいさつ回りをしていたら、
「楽しかった!!つい入り込んで見てしまった!」
「また違うのが見たい!!」
「本公演行きます!!」
など沢山の嬉しいお言葉を頂きました。
今後、どのような作品を展開していくか、居酒屋という場所でどんなスタイルでやっていくか?
課題や問題点もありましたが、自分のやる前と後では印象がだいぶ変わりました!
また、新たな試みが始まりましたね~
個人的には、ダンスも踊れて楽しかったし(85歳のおじいさん役)、お客さんと一緒に公演を作れた感じがしました。
改めてスケジュールなど分かればこちらでブログや公式サイトで告知させてもらいますので、お楽しみに!!!
そして!
第五回本公演までいよいよあと一週間前となりましたーーーー!!
稽古、製作、ビラ配りなど大詰めを迎えております。
おかげさまで、チケットも売れ、席が徐々に埋まりつつあります!
観に来られる予定のお客様はどうぞお早めに予約の方よろしくお願いいたします。
ラストスパート劇団員一同力を合わせて最高の作品を創っていきたいと思います!
<上演日時/会場>
2015年
★7月4日(土) 19:00開演 今帰仁村 ビーチロックビレッジ(定員25名)
★7月7日(火) 19:00開演 今帰仁村 ビーチロックビレッジ(定員25名)
 7月8日(水) 19:00開演 今帰仁村 ビーチロックビレッジ(定員25名)
7月11日(土) 16:00開演 那覇市 とまり会館(定員100名)
7月12日(日) 16:00開演 名護市 城区公民館(定員100名)
乳幼児(未就学児)の入場を一部の日程のみとさせていただきます。
上記の★マークのついている、
7月4日(土)と7月7日(火)のみ
乳幼児(未就学児)の方の入場ができます。

※開場は、開演の30分前となります。
※那覇市とまり会館は、入場時、靴を脱いでいただきます。
<会場アクセス>
【今帰仁公演】 ビーチロックビレッジ 今帰仁村謝名1331
※カーナビでは到着できないため、こちらのマップを参照ください 
【那覇公演】 とまり会館 沖縄県那覇市泊2-6-2 
【名護公演】 城区公民館 名護市城2-16-19
※那覇および名護公演 : お車は会場近くのコインパーキングもしくは公共駐車場をご利用ください。
<チケット料金>
前売 大人1800円 学生1300円 小人800円
当日 大人2300円 学生1800円 小人1300円
前売チケットの予約はこちらから
<交流会について>
上演後、近隣の飲食店にて役者・スタッフと交流できる飲み会を開催します。
よろしければ、是非ご参加ください。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly